突然のメールで始まった私の同級生ダブル不倫の顛末記

私を捨てるつもりですか?

いきなり会社のパソコンに届いたメール。『私を捨てるつもりですか?』。自分には全く心当たりがありませんでしたので、一瞬戸惑いましたが、気持ちを落ち着けて送り主を確かめると、先日久しぶりの同窓会で会った中学校時代の元同級生でした。いったいどういうつもりなのか確かめようと、早速返信しました。彼女は悪びれもせず、『ちょっとふざけて気を引こうとしただけだよ』と言ってきました。遊び心からとは言え、まんまと作戦にひっかかってしまった訳です。これをきっかけに、何度かのやり取りの後、その時はあまり深く考えずに、どちらからともなく二人で会おうということになりました。

お互いの事情

実は学生時代も同窓会でも彼女とはあまり話をしたことがありませんでしたが、住んでいる場所が近いことは名簿を見てわかっていました。近くの居酒屋で待ち合わせをして、飲みながら会話をしていくうちに、酒が進んだこともあって、だんだんと話の中身が濃くなり、彼女が夫の浮気で悩んでいると打ち明けてきました。正直、興味がありましたので、相談にのるという口実の下、何度か会って食事をしながら話を聞きました。もちろん真剣にアドバイスをしましたが、相手は人妻であり、他の人が知らない弱みを握っているという立場に少なからず興奮をおぼえました。だんだんと打ち解けていくにつれて、少しずつお互いの距離が縮まり、最終的には男女の関係になりました。当時はたまたま単身赴任で家族と離れていたため、私自身も寂しい思いがあり、罪悪感はあまりなかったと記憶しています。彼女は彼女で夫とのことを忘れるために受け入れたのだと思います。ずるい考えかもしれませんが、私はのめり込むことがないように自分に言い聞かせていましたし、彼女もそこはわきまえているようでした。当然、私は自分の家庭を壊すつもりはありませんでしたし、彼女も夫に対して、不利になるような状況は望んではいませんでしたので、幸か不幸か燃え上がるような関係にはなりませんでした。お互いの事情を踏まえて、細心の注意を払っての割りきった関係として、しばらく続いたのです。

今思うことは

そうこうするうちに、彼女は紆余曲折を経て、正式に夫と離婚したのですが、その頃からだんだんと二人で会うことはなくなり、関係はいつしか終わってしまいました。彼女が私にどこまでの思いを持っていたのかはわかりませんが、元夫とのごたごたの中で、気持ちの支えを求めていたのは間違いないと思います。そして、私もそれに応えてあげたいという気持ちがあったのも事実なのです。だからこそ、会う必要がなくなるにつれて、自然消滅したのです。ただ、ダブル不倫でお互い様という関係性と結果的に誰も傷つけてはいないという勝手な思いから、今でもあれはありだったのではないかと考えています。決していい不倫があると主張するつもりはありません。ダブル不倫だから問題ないと言うつもりもありません。ただ、少しだけ先に出会って結婚しているというだけで、配偶者以外との関係を一切否定したり、ひと度不倫をしたら、その人の全てを否定的に見る昨今の風潮はいかがなものかと申し上げたいのです。

さらにその後

彼女はその後シングルマザーとして立派にお子さんを育て上げました。私も自らの家庭を守って、今は孫にも恵まれて平和に暮らしています。少なくとも彼女にとってはあの体験が立ち直りのきっかけになったと信じています。同窓会で顔を合わせても、特に違和感なく、普通に接しています。もしかしたら私たちが特異なのかもしれません。もっとよい解決法があったのかもしれません。しかし、こんなご時世だからこそのお願いです。本当に例外なく全ての不倫が悪なのか。「ダメなものはダメ」の一言で済ませてしまってよいのか。世論にただ乗っかるのではなく、もう一度ご自身で考えてみていただきたいのです。

同級生との ダブル不倫をしたくなる理由に付いて

“不倫というのは、してはいけないこととわかっているものの、やっぱりしてしまうことがあります。その中でも、最も不倫をしやすくなるのは、同窓会などの状況の時です。同窓会で久しぶりに会うことにより、違う感情を持つことができるのです。その時、ダブル不倫を起こしてしまうことがあります。ここでは、同級生とのダブル不倫をしたくなる理由についてご紹介します。

憧れの人と再会する

不倫を起越してしまうのは、やっぱり好きな人と起こしてしまうことが多いですね。たまたま起こしてしまったということもありますが、圧倒的に多いのはやっぱり好きな人と不倫をしてしまうことです。以前に好きだった人も、その一人となります。学生のときに好きだった人で、付き合ったことがある場合は尚更です。付き合ったことがない場合でも、憧れていたという人とあったときにはその懐かしいドキドキする気持ちが蘇ることでしょう。そして相手の人もその気持ちになったときには、自分の気持ちを止めることができません。学生の時の思い出というのは、現在の生活の中で封印をしてしまうことが多いですね。その結果、封印を解き放された時に一気に感情が爆発をしてしまうことがあります。その爆発をしてしまうのが不倫ということになってしまいます。
その同窓会のときは、かなり時間が経ってから行われることが多いのですが、その気持ちは色褪せることがありません。美しい記憶として、自分の中で持ち続けることになります。そしてお互いに結婚をしている年代であることが多いので、ダブル不倫となってしまいます。

以前と変わらない気持ちがある

付き合ってドロドロとした別れ方とすることがありますね。その場合は、二度と会いたくないと思うこともあるでしょう。会うことがあったとしても、友人のような関係になることが多いです。その点、同級生の場合は懐かしい話で盛り上がりもっとは話をしたいと思うようになります。お互いの離れていた時間を愛おしく感じるのです。その時代は、美しい時間となっているんですね。そこで、以前に嫌な別れ方をしていたとしてもリセットされるのです。そして、以前のように付き合いたいと思う気持ちになることがあります。
その時、同級生ということから安心して付き合うと言う選択をすることになるのです。知らないもの同士だったら、躊躇をしてしまうことでしょう。ところがそんな事なく、安心感を持つことができるので、そこで緩みが出てしまいます。緩んだ感情でそのまま不倫をしてはいけないとわかっているものの突っ走ってしまうことがあります。

自分を認めてもらいたい気持ちがある

同窓会などの場合は、自分はそのままの若い時の感情に戻ることができるのです。ところが、その場所を離れてしまうと年を取った自分に戻ることになります。年を感じるさせられる場面に戻ることになるのです。特に女性の場合は,そんな気持ちになるのは慣れているもののやっぱり若い自分に戻ることができると楽しい時間を過ごすことができます。若い時の自分のことを、認めてもらえる場面でもあるのです。そして気持ちが良くなり、そのまま不倫をしてしまうことがあります。
してはいけないことがわかっているのですが、普段に感じたことがない女性として認めてもらうことができた、男性として認めてもらうことができた気持ちはとても心地がいのです。そのような気持ちにさせてくれる人と、また逢いたいと思うのは当然の事ですね。

いかがでしたか?ダブル不倫は、いろいろなところで起きることがあります。そしてそれは、決して他人事ではありません。自分を認めてくれて異性としてドキドキできるなら私もしてみたいと思う感情は必ずあるのです。そして自分がダブル不倫をしているとき、異性として輝いているので自分で自分にびっくりすることがあります。不倫はいけない事ですが、誰でも起こす可能性があることは間違いありません。